手に職をつける?

手に職をつけたいってよく聞くけど、

実際のところ、手に職があるより、資産1億円ある方が有利だよな。

 

手に職があるだけだと働き続けないといけないし…

仕事が好きなら幸せだろうけど…

 

結局一番幸せなのはずっと続けたい仕事に出会えることなのかもしれない。

そういう仕事に出会いたい。

それか1億円欲しい。

昼のワイドショー

お昼に入ったお店でテレビがついていたので、数年ぶりにワイドショーを見た。

小林麻央さんの話をずっとやっていた。

アナウンサーがブログを読み上げて、タレントが感想を言い合うだけ。

 

あれが番組として成り立って、全国に放送されているのが不可解だ。

企画とか通るんだろうか。

 

 

 

自己評価の物差し

自分で自分の価値を決めるとき、なにを基準にするのか…

 

東大にいた人らは基本みんな自分に自信があったけど、

彼らは、小さい頃から周りの人よりも色々とよく出来て、評価されてきたので、

自分の価値は高いんだと自然に思うようになったらしかった。

友達の彼氏も東大生だったけど、まさにそんな感じだったらしい。

 

ということは結局、

自分の外側にある物差しをダウンロード・インストールして使っている。

周りから出来ないねって言われて、自分はダメな人間だ〜ってなる人も

やってることは同じ…

 

ある年頃で、自己評価の物差しを持つんだけど、

そのときに周りからダウンロードしてくるタイプの人と、

自前で作っちゃうタイプの人がいるのかな。

 

後者が、いわゆる『自分を持ってる人』?

 

まあ今使ってる物差しで自己評価が低くなっちゃうなら、その物差しは捨てて、

新しいのを自分で作ればいいんだな。

 

田舎にいきたい

高校の友達は、就職のとき東京に来たけど、3ヶ月で辞めて、

田舎で頑張ってるタイプの企業に転職した。

 

昨年の夏にその子のところへ遊びに行ったら全然違う世界だった。

かなり惹かれた。

 

田舎って人付き合いが濃いらしいから、自分には向いてないだろうなと思ってたけど、

実際それを垣間見たら、あれ意外といけるんじゃない?って思った。

ほんと、行ってみないと分からんな。

 

でも免許がないと困るっていうのは本当っぽかった。

免許ほしい…

 

宝塚雪組公演に行ってきた

幕末太陽傳』楽しくて元気が出る、いい舞台だった!

最後の佐平次のセリフがとってもよかった。早霧せいなさんの、退団してもまだまだ先へ行くよ!っていう意気を感じた。

 

それと実は、第二部が全部ショーっていう形式が初めてだった。

今まで見た作品の形式は一本物といってむしろ特殊らしい。知らなかった。

いつも最後のショーもっと長かったらいいのになって思ってたから、思いがけず叶ってラッキーだった。

 

きれいな衣装で歌って踊るっていいよねぇ。

あと、演じる側と観る側が、代変わりしつつ、連綿と続いてきているという空気。

なかなか特殊ではあるけど、けっこう好きだなー。

持つべきものは友

友達が宝塚雪組のチケットを取ってくれた!

 

早霧せいなさんの卒団ということで、チケットは相当入手困難だという話だったけど、

今日になって、交渉の末手に入ったと連絡をくれた。

ほとんどあきらめていたので、嬉しさもひとしお。

 

10ヶ月ぶりの宝塚だし、友達とも久々に会えるし、楽しみだー。

 

ドットインストールでローカル開発環境を構築した

ローカル開発環境の構築 [macOS編] (全14回) - プログラミングならドットインストール

やったこと:

仮想サーバ構築は、立ち上げたら即gitをインストールして

github経由で持ってきた構築用スクリプトを動かすだけという親切設計。

 

中身を見たらansibleで全部やってくれているみたい。すごい。便利。

そのうちansibleも勉強したいけど、ドットインストールだと有料なんだな。